多摩ニュータウン環境組合・多摩清掃工場 環境方針

 

基 本 理 念

「環境にやさしい安全で開かれた多摩清掃工場」

   多摩ニュータウン環境組合・多摩清掃工場は、標記の経営方針に基づき、環境にやさしい安全な清掃工場として、地域から排出されたごみを適正に処理するとともに、焼却により生じたエネルギーを有効に活用し、環境負荷の低減を図るために最大の配慮をいたします。   
   また、開かれた清掃工場として、環境学習の場や環境関連情報の提供などを行い、より良好な地球環境が実現されるよう地域社会と連携してまいります。

 

基 本 方 針

   多摩ニュータウン環境組合・多摩清掃工場は、この基本理念に基づき、資源循環型社会の実現と、かけがえのない地球環境の将来にわたる保全に寄与することができるよう、全職員をあげて次のことに取り組んでいくことを宣言します。 

1 当工場の運営に関わる環境関連法令等を遵守します。 

2 環境負荷の低減を図るため環境目的及び目標を設定し、実効ある対策を推進するとともに定期的に見直しを行い、継続的改善及び汚染の予防に努めます。

3 地域におけるサービスの向上・ごみの減量・リサイクルの活動を支援するとともに、運営及び操業に当たっては地球温暖化対策・省資源・省エネルギー施策を推進します。 

4 本方針を環境管理システムにより実施し、維持していきます。 

5 工場の施設の開放を通じて、児童・生徒等の環境学習など、環境意識の高揚を図る施策を地域社会と連携して推進します。 

6 この方針を当工場全職員に周知徹底するとともに一般に公表します。

2010年04月21日 
多摩ニュータウン環境組合 
管理者 阿部 裕行